美容皮膚科へのこだわり

美容医療へのこだわり

医学としての美容皮膚科治療には誠実なインフォームドコンセントが重要。

手術まで望まない患者様のため、エイジングケアや脱毛えお目的とし、光治療やレーザー治療また、医薬品を処方した薬剤治療を行うのが美容皮膚科です。
しみや小じわ、皮膚の色彩の改善など、お化粧品ではまかないきれないレベルの皮膚改善に取り組み益す。

皮膚について熟知した形成外科医がリスクについても誠実にご説明しています。

形成外科医療を極めるためには外表面の解剖学を熟知し,数多くの症例をこなし、厳しいトレーニングで繊細な縫合術を習得する必要があります。もちろん、よい結果を生むためには、皮膚に関する高度な知識と研鑽が不可欠です。美容皮膚医療について、常に高い意識を持っていなければ、適切で効果的な治療が行えないからです。

美容皮膚科には、脱毛、しみとり、皮膚の若返りなどさまざまなメニューがあります。他院では説明されないことも多いのですが、こうした美容皮膚科の治療には、リスクや施術後のケアなどに注意が必要なものが多くあります。

当クリニックでは、美容に関する最新の知見、有効成分や施術のメカニズム、そして各施術のリスクや注意点をホームページで公開しています。これは、美しくなりたいと思ってらっしゃる方に対して、リスクなどを事前にお知らせすることで誠実に向き合いたいという気持ちから行っていること。そして実際に当クリニックにいらした方にも、しっかり説明を行っています。

高度な技術、最新の知識、深い経験があるから適切に使いこなせる高性能機器や医薬品。

医療として行う美容皮膚科治療ですから、高性能の機器や医療用の薬剤を安全に使うことが可能です。脱毛やピーリング、メディカルコスメ、ドクターサプリ、しみ取り、皮膚の若返りまで、美容皮膚科では医師のカウンセリングがないと出せない機器や医薬品などを使うので、短期間に高い効果を得られるのです。

ただし、高性能の機器や医薬品は、技術や知識がともなわないとトラブルにもつながります。そういった意味でも、しっかりした技術や知識を持ったクリニックでの受診が大切なのです。

当クリニックでは、本当に効果があり、トラブルのより少ない美容皮膚治療やケアを行っています。施術後のかゆみや乾燥などに関しても、医師が医薬品を処方しますので、余計なトラブルを抱え込む心配もないのです。

酒井形成外科 オフィシャルサイト 酒井形成外科 わきが・多汗症専門 酒井形成外科 美容皮膚専門 酒井形成外科 レーザー脱毛
tel_bn_sp.png
メール